そもそも自己啓発とは、一体なんだろう?

そもそも自己啓発とは、一体なんだろう?

  • 2020年7月31日
  • 2020年7月9日
  • 投資
  • view

あなたのイメージする自己啓発とは?

私の考える自己を啓発するとは、自分自身の殻を破り、自分に到達することだと私は考えます。

子供に戻るというと最もイメージしやすいかもしれません。なんの恐怖もなく、打算もなく、子供のころただ自分が心からやりたかったこと。自己啓発とは、元居た無邪気な場所に自分自身を帰す行為です。

ウィキペディアには、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。とあります。

私の考えでも、ウィキペディア上の言葉でもどちらでもいいので自己啓発という言葉の意味を今一度しっかりととらえてください。生きる時間が長くなればなるほど人は学び経験し、失敗するイメージを頭の中で作りがちです。何か新しいことをしたいんだけど、これまでの知識や情報や経験を総動員した結果、上手くいく確率が低いと勝手に判断して、一歩を踏み出せなくなります。

英語を習えば社内で役に立つ、海外旅行にも行きやすくなる。家族や友人知人から、「すごいね」と言われるようになる。だけど、もし英会話能力が身につかなかったら、失敗したらどうしよう。そんな経験あなたも一度や二度はありますよね。その一歩を踏み出しやすくするのが、自己啓発ではないかと私は考えます。詳しくは後程書きますが、自己啓発の前に、自分のゴール地点を決めておくといいでしょう。

自己啓発することによってどんな理想の人生を手にしたいのか?もっと言えば、「どう生きたいのか?」ここがはっきりしない人は、自己啓発本を読み漁り、セミナーに参加し、講座をいくら受講しても、結果は出ません。当然ですよね。GOALが決まってなかったら、どこへ向かって歩けばいいのかわからないわけですから。辿り着けるはずがありません。それどころか途中であきらめてしまうに決まってます。

GOALのないマラソンを走るマラソンランナーは精神的にとてもきついからです。よく「人の役に立ちたい」という人がいます。あまりにも抽象的でそのままではおそらくその願いが叶うことはないでしょう。具体的にどうやって人の役に立ちたいのか、人の役に立てる自分になるまでのプロセスは?こういったことを突き詰めていかないと人の役に立つ人生を生きることはできません

モチベーションアップやテンションを上げるだけの自己啓発ではなく、体的に役に立つ自己啓発を行ってほしいのです。